韓国ドラマ(テレビ番組)のDVD、本、出演者情報をご紹介
 『韓国ドラマ』


スポンサードリンク

「美しき日々」 Colection DVD+韓国SBS公認オリジナルポスター

「美しき日々」 Colection DVD+韓国SBS公認オリジナルポスター【KJCオンラインショップ】  
「キラースマイル」イ・ビョンホンと「涙の女王」チェ・ジウが共演し、韓国で一世を風靡したドラマ「美しき日々」のNG集、メイキングなどが収録されたDVDセット。




「冬のソナタ」ポラリスピアス(K14WG)【予約】【携帯グッズ専門店のストラップヤ!】
「冬のソナタ」ポラリスピアス

【予約】「韓国人気ドラマ」私の名前はキム・サムスン、人形 27cm【携帯グッズ専門店のストラップヤ!】
「韓国人気ドラマ」私の名前はキム・サムスン、人形 27cm


韓国の有名俳優の韓国ドラマ、映画のDVD、及び書籍などの関連情報をご紹介しています。

  以下の韓国スターの関連情報をご紹介してます。

☆ぺ・ヨンジュン
生年月日/ 1972年8月29日ソウル生まれ 、血液型/O、身長/180cm 、体重/78kg
家族/1男1女の兄、出身校/成均館大学映像学科、デビュー/ 1994年
趣味/ 釣り、コンピューターゲーム、特技/ 剣道、合気道、スノーボード、ゴルフ
ドラマ「冬のソナタ」の影響で多くのペ・ヨンジュンファンを生み出した。韓国では「微笑みの貴公子」とも呼ばれるほどスマイルがとってもチャーミングで多くの女性を魅了している

☆クォン・サンウ
生年月日/1976年8月5日、身長/ 183cm、体重 /71kg、血液型/O型
趣味/水泳、バスケットボール、ボクシング、スポーツクラブ
出身校/ハンナム大学美術教育学科卒業1998年軍隊除隊後、ファッションモデルとして抜擢され芸能界デビュー。 <br>

☆リュシュオン
生年 月日 : 1972年 10月 6日、出 身 地/ 韓国、サ イ ズ/T.180cm W.70kg
血 液 型 / O、趣 味 / ドライブ、音楽鑑賞、特 技 /美術デザイン、スキー、テニス、水泳

☆チャンドンゴン
生年月日/1972年3月7日生、身長/180cm 、体重/68kg、血液型/O型
家族/父・母・弟 、学歴/韓国芸術総合学校演劇科3年中退
デビュー/1992年、趣味/歌を歌うこと 、特技/バスケットボール
好きな食べ物/ジャジャンミョン(ジャージャー麺)、焼餃子

☆ソンスンホン
生年月日/1976年10月5日、家族構成/父、母、姉、兄
身長/180cm、体重/70kg、血液型/B型、学歴/京畿大学
趣味/映画、DVD収集、ゲーム、ゴルフ、特技/スキー、水泳

☆ウォンビン
本名/キムドジン、生年月日/1977年9月29日、家族構成/男3女の末っ子
身長/178cm、体重/62kg、血液型/O型 、特技/スノーボード

冬のソナタDVD&卓上スタンド&チョイスコーヒーセット【2−HAN】
「冬のソナタ」メイキング映像やNGシーン、インタビューなどを集めたスペシャルDVD2枚組『冬のソナタPlus(プラス)DVD』と『冬のソナタ卓上ミニスタンド』に『テイスターズチョイスコーヒー100パック』がセットになって、個数限定の半額!50%OFF!!

商品内容
★冬のソナタPlus(プラス)DVD2枚組スペシャルBOX
★冬のソナタ卓上ミニスタンド
★ペ・ヨンジュンのテイスターズチョイスコーヒー100パック

 

チェ・ジウ

天国の階段 DVD-BOX 1

天国の階段 DVD-BOX 1

人気ランキング : 2910位
定価 : ¥ 20,160
販売元 : ジェネオン エンタテインメント
発売日 : 2005-03-25

価格:¥ 15,488
納期:通常24時間以内に発送

兄弟のように育ったソンジュとチョンソは、再会を約束して別れる。しかしその8年後、記憶を失ったチョンソは死んだことにされ、別人・チスとして生きていた。ソンジュは、チョンソの面影を追ってチスに近づくが……。愛し合う二人の関係に、チョンソを愛するテファやソンジュを愛するユリの思惑が絡み合い、それぞれの運命が大きく動いていく。2003〜2004年に放送され、高視聴率を記録した韓国ドラマだ。
演出を『美しき日々』と同じイ・ジャンスが担当し、出演者も一部かぶっているために、感触は『美しき〜』とよく似ているがこちらのほうがよりケレン味が強い印象。継母と連れ子のいじめに始まり、記憶喪失や失明といったドラマティックな要素がこれでもかと繰り出される起伏の大きい展開はまさに「ザ・韓国ドラマ」的味わいだ。それだけに、それらの苦難を互いへの愛を頼りに乗り越えていく主人公たちの思いの強さが心を打ち、どっぷりとハマることができるだろう。(安川正吾)

オススメ度

今までドラマに、はまったことがない私がなんとDVDまで購入することになってしまいました。テレビで結婚式のシーンを見て購入を決意したのですが、実はBOXUから購入してしまったんです。後半だけでも充分ストーリーはなんとなく分かるのですが、回想シーンをみるとやはり、アノ場面を見たい・・・という思いが募り、結局Tも買ってしまいました。でも買ってよかった。いつでも私の大好きな場面をくり返しくり返し観ては、ソンジュ演じるクウォンサンウにのめりこんでしまうのでした。この「天国の階段」との出会いのおかげで(?)、私の韓国ドラマへののめりこみが始まりました。
前半部分には???というムリっぽいというか、ここでなんで?という場面が多々あるので星ひとつ落としましたが、サンウの一途さで許しちゃえます。

オススメ度

このDVDについて、韓国盤と違うという話がよく出ていました。
カットされている部分が多いという話も聞き、私は日本盤のDVDを観た後、
見逃している部分があると残念だと思い、韓国版を観てみましたので、
少し書いてみます。
韓国盤には全編通して字幕はありません。そしてリージョンコード3なので、
日本で一般に発売しているDVDプレイヤーでは観る事が出来ません。
リージョンコードフリーのDVDプレイヤーを購入すれば、観る事が出来ます。
韓国版は、「アベマリア」の曲がBGMで使用されている部分がありますが、
日本盤にはありません。これはよく指摘されていますが、
だからといって別に問題は無いと思います。
日本盤も効果的なBGMが使用されていますから。
あと、本編がたくさんカットされていると言われていますが、
カットしてあったのは、本編の後のテロップ部分。
日本のテレビドラマでも最後にエンディング曲とともに
キャストやスタッフの名前が流れますよね。そのようなものです。
そのバックに予告的な映像が流れるだけで、そこでしか観られない映像はありませんでした。
ただ、日本盤DVDのようにプツっと切れて曲に行ってしまう感じはないので、いい感じに余韻があります。
日本盤はそこで、ファヨビなど韓国人歌手の歌と日本盤テロップが流れていました。
(韓国版にはそれらの曲は流れません。)
日本のフジTVで放送されている内容は、放送時間の都合だと思いますが、
DVDからは結構カットされているので、TVとDVDを両方見た人は
違和感があると思います。
私もDVDを観てからTVを見たので、好きなシーンなど結構カットされていて、残念に思いました。
日本盤と韓国盤の大きな違いは、NG集。韓国盤にもNGシーンはいくつか収録されていますが、
その収録時間、内容をとっても日本盤の方が値段が高いだけあって、充実していますし、出演者の楽しげな雰囲気も見られて、私は大満足です。
DVD−BOX1、BOX2共に40〜50分のNGシーンが収録されていましたよ。
それと比べると韓国版はNGシーン等の収録時間が短いうえに、
字幕がないので、韓国語がちゃんとわからない私にはキツイ・・・。
韓国盤のDVDにはスペシャル特典として、いくつかのNG集のほかに、
チョンソとソンジュの子供時代を演じていた二人が、おそらく韓国のTV番組に出た時の映像と思われるインタビュー。
シン・ヒョンジュン、キム・テヒ、イ・ワンのインタビュー。
その他に、ソンジュのピアノシーンの裏事情、チョンソの描くデザイン画を描いている方など紹介されていました。
その辺りは日本盤に無いので残念ではあります。
その他、韓国盤にはDVD縦長ジャケットサイズの写真が数枚付いています。
こんな感じで、ちょっとわかるでしょうか??
結果、日本盤は内容は満足ですが、ちょっと値段が高いので星4つ。

オススメ度

エンディングの曲など、さすが歌唱力のある韓国の歌手、
ロマンティックに歌い上げ、メロディアスでつい口づさんでしまう。
ただ、ストーリ全体は、完全70年代の日本の少女漫画そのもので、演出も荒々しい。
チョンソ(チェ・ジウ)が小さい頃、継母にいじめられているシーンなぞ、
まさに「キャンディ・キャンディ」以外のなにものでもない。
漫画は漫画としての「次はいったいどうなるの!?」と見る者を引っ張る面白さが
あるものの、ストーリの運びは強引で、リアリティに欠けている。
どついたり、相手の肘をグイッと引き戻すような、
乱暴で雑な仕草が全体的に妙に目立った。
グォン・サンウ演じる「ソンジュ」もそのキャラクターの性格が非常に不透明。
あれほど愛し、死んだと思っていた後も常に思い続けていたチョンソの
病による異変にまったくに気づかず、妙に明るいのも腑に落ちない。
その一方で、影でずっとチョンソを愛してきたテファの方がいち早く気づくのだ。
非常に穴だらけの演出と強引なストーリー展開。
軽く観流したり、グォン・サンウの走るシーンや軽やかに塀を超えるシーンなどの「モムチャン度」の鑑賞にはまあいいが…
あれだけの人生の辛酸をなめてきたチョンソが、盲目になったからといって、あんなに「おにいちゃん、おにいちゃん、怖いよ、見えないよ、見えないよ」などといつまでも泣き叫び、わめき、取り乱し続けるだろうか?涙の女王といっても、泣けばよいという訳ではない。
チェ・ジウの良いところがぜんぜん出ていない。
ただ監督は、徹底したエンターティメント性を出そうとしたらしいので、それはそういうものとしてとうけとめるものなのか。
スター役者を使っていなかったらとても見られない作品だ。

オススメ度

お肌の曲がり角も2つぐらい曲がってしまってからは、更年期と腰痛で毎日が憂鬱でした。寝る角度によっても痛んでいた腰が、グォン・サンウの笑顔と激しい涙(日本の俳優はあんなに泣きませんよ〜)で、DVDを観ている数時間は忘れられるのです。まさか、韓流ブームが腰痛に聞くなんて、信じられない!「天国の階段」は、昔の日本映画のような切なさと甘酸っぱさがあって、ちょっと古臭いのがいいのかも。

オススメ度

テレビで鑑賞しましたが吹き替えがいまいちでした。
オリジナルを知らないのですが・・・。
盲目になってしまいそれだけでストーリー的に涙を誘うのですが、
全体的に本来の涙の女王チェジウの力量が
出し切れていないような気もします。
泣き崩れるシーンが目立ち、情緒より感情まかせな感じがしました。
テファが角膜提供のために自殺するところなんて、
感動より正直恐れを感じました。
ドラマチックな展開で、ある意味漫画的な要素が強いと思います。
現実的なものを求めず、あえてここはジェットコースターに乗る気分で
楽しむ作品です。
クォンサンウがサッカー場やスケート場で、チェジウに半ば本気で
足をかけたり、転がしたりするので、彼女は怒らないのか?ちょっと心配になりました。
でもああいう和やか場面が唯一ほっと出来る演出で、実は楽しみでした。
私的には、イジメ担当のキムテヒとその母親に大注目でした。
シンデレラの継母とその娘という雰囲気で。
この2人のイジメ演技が、ドラマを盛り上げていたと思います。

 
 
 
売れ筋商品
このページの情報は
2006年9月3日22時58分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『韓国ドラマ(テレビ番組)関連情報局』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 韓国ドラマ(テレビ番組)関連情報局 All rights reserved.